大嘗祭とマヤ暦の共時性

大嘗祭が始まります

14日から15日にかけて行われる意味

マヤ暦顕在エネルギーでは、
まさに、【白い世界の橋渡し】なのです。

この共時性は、新天皇陛下の協力なパワーを感じてなりません。

大嘗祭とは、大変重要な儀式となります。
天照大御神の光のパワーの伝授、歴代の天皇の霊を、新天皇陛下のお体に降臨させる、秘儀です。
天皇陛下は、伊勢神宮の方に向かって五穀豊穣を祈られ、今年とれた新米を奉納、ご自身もたべられます。
日本の天皇の皇位継承の時にだけ行われる、皇室行事です。

秋篠宮様は、宗教色が強い為、政教分離をかんがみて、内定費から支出すべきとのご提案があったそうですが、みなさんはどう思われましたか?

私は、歴代天皇はお亡くなりになると神様になられます

宗教色というよりも、
神事とは、壮大であればある程、魂が揺さぶられるものかと思いますが。

神様になる覚悟、あります?なかなか凡人には無理ですよね。

歴代の天皇の霊を降臨させてパワーアップされる、新天皇と新しい日本の歴史に多いに世界中に関心をもたれ、日本の文化と歴史が良い物となっていきますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です