最近、世界中で
「富」が
どんどん増えてる感じがしませんか?
私は感じてます

そう
富はどんどん増えてるんです

富とは
世の中に無限に存在するものであり
これからもどんどん
増えてく性質なのです

お金って決まった流通量があって
有限なものだと普通はおもいますね

しかし

世界的な人口増加とテクノロジーの進化が
無限の富を世の中に生み出し続けてるんです

17世紀の世界の人口はたった10億でした
でも、今や世界の人口は70億です

世界の中央銀行は
お金を毎日刷りまくって
FXや先物やデリバティブなどの
新しい金融商品が次々と開発し

IOTやA・Iなどの
全く未知の領域の技術系ベンチャー企業に
お金をどんどん流し込んでいます

究極
銀行はお金を無限に
いくらでも作ることができるんです

銀行は何かしらの担保があれば
お金をどんどん作っていいことになっています

例えば、
あなたが銀行に行って
お金貸してくださいといって
見事30万円借りれたとしますね
すると銀行は
30万円という数字を
あなたの口座の残高にぴぴっと打ち込みます

その30万円
どこから出てきたの
って思いますね
そう、何も無いところから
お金が生まれてるじゃないですか

銀行はあなたにお金を貸した時点で
資産の部分に
あなたに貸した30万円と利子分
のお金が増えるんですね

そしてその30万円プラス利子分のお金を
企業や国債や金融商品や不動産に投資して
お金儲けをしてます

これは何も無いところから
お金が生まれている
練金術です

ぶっちゃけ、
人が一人生まれれば
それだけで1億単位のお金が
世の中に新しく生まれる計算になるでしょう

世界的に人口はどんどん増えてます。
ただそれだけで
何もせずに世界のお金は自動的にどんどん
毎日増え続けてるんです

17世紀と21世紀の
世界のお金の流通量は同じではないですよね

お金は世の中に無限に存在するんです

このように
人類は何も無いところから
無限に富を作り出せるんです

その富は
決して全員に等しく分配されません

お金はお金のことを本当に理解している人
の所にだけ集まるのです

お金は無限に存在していて
その富を自分もたくさんもらうことができる
という真実を知っている人のところにだけ
お金は集まるんです

お金は月給30万円の会社の仕事や
時給1000円のバイトで
汗水流して一生懸命働いて稼ぐもの
と考えている人のところには
富は一生やって来ないです

世界の99%は貧乏な人です

あなたやあなたの友達が
常識だと考えていることの大半は
貧乏人の常識なんです

これ読んで今、
心の中でどんな風に思いましたか?

私は貧乏にはもう戻りません
私は富をもらう側の人間になります

よく勉強していきましょうね

図解・最新 難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!

こんな本も読んでも見てください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です