家の中で○○が邪気をためこんでいるのが、運勢を下げています

断捨離で一大ブームをつくったこんまりさんは
紙に邪気がたまる
っといわれるそうです

そして、家に置いておいていい紙は、契約書のみとか。

自分のまわりにたくさんの紙類ありますよね
なんか調子が悪い時は、紙を処分してみて

一番邪気がたまるのは段ボールだそうですよ

段ボールの箱を、棚代わりにして何かおいてしまっていたりするのは
運気を下げる最高の方法ですね(笑)

書籍以上に「新鮮さ」が売りなのは雑誌です。

古い雑誌は、古びた運気を帯びやすい紙類の代表格!
 
そもそも雑誌は、「新しい情報」が掲載されている点が魅力ですよね?

ファッション系の雑誌なら、シーズン毎の流行を他紙に先駆けて
掲載することにこそ意味があるわけです。

だからこそ、毎週or毎月、新しい物が発行されます

 
ですから、何週、何か月も前の雑誌を取っておいてあるという行為は

古い運気が染み付いた古い紙を取っておくことに他なりません。

 
一通り読み終わった雑誌処分すること

過去の写真や、手紙についても

 
過去に固執していては

良い運気は入ってこないですよ

前向きな新しい出会いに恵まれないのは、ひょっとしたら
センチメンタルな思い出が詰まった紙類を

何年にもわたって溜め込んでいるせいかもしれません。
 
ただ、手紙類や写真はただのメモ用紙とはちょっと違います。
プライベートなものですから、そのままゴミに出すのは抵抗がありますよね。
 
写真は白い紙に包んで
他のゴミ類とは別の袋に入れて捨てると良いですよ

写真を供養してくださるお寺さんもありますのでお願いしてみましょう

 
また、手紙には書いた人の念がこもっているので、
角を少し切ってから捨てるようにしましょう。
 
さらに、捨てるなら、
よく晴れた日に、すがすがしい気持ちですっぱり捨てること!
これが、古紙類と気持ちよくお別れするポイントです。

これで、過去に執着せずに前向きで生き生きと運気を上げて
生きていけますよ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です