箱根神社&箱根元宮 参拝

エクシブ箱根離宮での朝

本日も快晴!

私は結構晴れ女☀️

エクシブの朝ごはん

しっかり腹ごしらえして

いざ出発!

箱根神社

ご祭神
ご祭神は、『箱根神社』も『箱根神社元宮』も箱根大神との記載

現地の案内板にも、ご祭神は、「箱根大神」との記述でした。

箱根大神
–瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)
–木花咲耶姫命(コノハナサクヤヒメノミコト)
–彦火火出見尊(ヒコホホデミノミコト)
の三神の総称です。

古代より山岳信仰が盛んに行われていた場所です。

現在の社殿は1964年に実業家の堤康次郎によって寄進されました。

そして、すぐ隣に九頭龍社さん
九頭龍大神 (くずりゅうのおおかみ、物事を現実化させる高級龍神)
【龍神祝詞】

を奏上してきました

ここは、誓願の水

九頭龍さんへ
誓願を聞いて頂くため、水に溶ける紙に書いたものを、流します

そして、ペットボトルを購入して、水を汲んで、飲みました

お昼は、深生そば
さん

箱根園さんへ移動して
箱根駒ヶ岳ロープウェイへ

きましたー!

箱根神社元宮

造化三神も、祀られている旨の記載がありますが、何が根拠で言われているのかは、定かではありませんでした。
が、私は造化三神説を信じます

『造化三神』とは、
天之御中主神(アメノミナカヌシノカミ)
高皇産巣日之神(タカミムスビノカミ)
神皇産巣日之神(カミムスビノカミ)
の三神の総称です。

歩いて山頂にある拝殿を目指します

鳥居をくぐって左手に見える、注連縄が張られた石には、白馬に乗った神が降りたったという降神伝説

岩肌には馬の形が刻まれ、石の窪みは白馬の蹄の跡だと言われており、その窪みに溜まった水は何日経っても乾かないという言い伝えがあるそう

馬降石の向かい側には、「馬乗石」という、神が降り立った際に乗ったという石もあり、この2つの石は強力なパワーストーンとなっているそうです

image

箱根元宮は祭神を宿す御神体が山のため、境内には「本殿」がなく、「拝殿」しか置かれていません。

拝殿の扉を開くと正面に神体山である神山を仰ぎ見ることができるようになっています。

10月1日でしたので、月次祭で、宮司さんがいらして、御朱印をいただいてこれました

箱根元宮例祭
世界平和を願った例祭
毎年10月24日に行われる例祭と御神火祭は駒ヶ岳山頂で御神火をおこし、その火を神山に捧げ世界平和を祈祷する。
翌25日には、箱根神社をはじめ箱根全山の神社に御神火を渡す巡行祭が行われるそうです

わたしも世界平和の誓願をしてきました

縺翫☆縺セ縺励・繧ャ繧オ繧ケ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です