セルフイメージ高め?低め?

セルフイメージが高い人は成功しやすいです
例えば、洋服の販売員さんだったり車のセールスだったり
セルフイメージの高い人は、ゴリゴリ売り込まなくても勝手に売れちゃいます
販売のお仕事をしていて売れない人はまず、セルフイメージを高くすることからするのがいいですね♪

セルフイメージとは
自己受容のこと

スピ系でいうと、インナーチャイルドの癒しですね

セルフイメージが低い人は、何かに失敗した時、うまくいかなかった時

すぐ傷つき、言い訳や人のせいにする
立ち直りが遅く、
すぐにあきらめ、チャレンジすることをやめるという特徴ですね

逆にセルフイメージが高い人は、
「絶対にできる」と思っているので、次の策を考える
起きたことは起きたこととして、そこから学びを得て次に活かす
楽観的に、余裕をもって、対処できる方です

セルフイメージが低い人は、何かを達成した時、うまくいった時、ほめられた時

傲慢になり威張る
横柄な態度を取り始める
武勇伝のごとく、そのことをずっと言い続ける
過剰な謙遜
誉め言葉に対して、「きっと裏がある」と思う
次も期待に応えなければと重圧を感じる特徴です
あ、あの人だっと思い当たる人いますよね

逆にセルフイメージが高い人は

協力者や関係者たちと共に喜ぶ
感謝にあふれる
さらに期待に応えようと建設的になる方ですね

では、セルフイメージはどうやって高めるのでしょうか

その人の周囲をみれば、その人がどんな人かがわかる、と言われます。

お金持ちの周囲にはお金持ちがいて、お金についての情報を交換しあっています

健康的な人の周囲には、やはり運動好きやヘルスケアに関心がある人がいて、新しい筋トレ法や質の高いサプリなど、健康についての話が行われます。

これと同じように肯定的な人の周囲には肯定的な人が集まり、仕事や人生において建設的な話が広がります。

逆に否定的な人たちは、会社や上司の愚痴を言い合う場所の居酒屋という場に身を置き、飲みすぎや睡眠不足で、体までも壊してしまいます。

あなたを取り巻く人や環境は、あなた自身のセルフイメージに大きな影響を与えます。

ですので、意図的にセルフイメージが高まり、最適化されるような場や機会を積極的に見つけて、参加し、出会い、話をしながら、その場になじんでいってください。

セルフイメージが高い人ほど、余裕があり、楽観的という特徴がありますので、楽しんでやることです。
また「光があれば影がある」という言葉があります。
「陰」と「陽」と呼ばれるのもそうですが、どちらもあって当たり前と思うことで、本来の自分を受け入れることができると言われます。
ですから、高めていくと同時に、影の部分も見えてくると思いますので、
低くても高くても光と影のどちらも存在していることを否定せずに、そのことを受け入れながら日々を過ごすことが大切です。
実はその両方の認識から、自己受容が生まれ、建設で適切なセルフイメージを構築することができます。

スピ観点からの行動でおすすめなのが

自分をハグする

ですよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です