脳を操れ!

一日はあっという間
時間がもっとあったらなー
お金もなくなるのが
あっという間
お金に余裕が欲しい

って、あなたは思ってませんか?

朝から晩まで働いて、
誰よりも遅くまで会社に残り
食事も数分で済ませて余裕ゼロ…

「来月には余裕が出るはず…」と
気合いで頑張るけど、
なぜかずっと忙しいまま。

  のあなたへ

時間と余裕のない状態から抜け出す、

成功者の「脳の使い方」を

お伝えしようと思います。

脳は、潜在意識に操られています

ちょっと考えて欲しいのですが…

「潜在意識」が私たちの日常に
どれほどの影響力を与えているか
ご存知でしょうか?

ホ・オポノポノで
有名なヒューレン博士は

「顕在」意識は1秒間に
15~20ビットの情報量なのに対し、

「潜在」意識は1秒間に
1100万ビットの情報量がある
と言います。

つまり、情報量の差は

約50万倍。

…ちょっとよくわからない数字ですよね。

顕在意識よりも、潜在意識に
刻み込まれる情報量は
はかりしれない、という事です。

たとえば、

「散らかった部屋にいると集中できない」

というのも理にかなっていて、
これは私たちの潜在意識が

あらゆるところから脳に
情報を送り込んでくるからです。

・いつも悩みがある
・終わっていない仕事が山積みだ
・散らかった部屋にいる
・読みたい漫画が視界に入る
・たくさんの服がある

…なんて何気ない行動の1つ1つに
私たちは貴重なリソースである
脳のエネルギーを分散させています。

つまり、散らかった部屋にいると
知らないうちにエネルギーが消耗されていくと。

そしてこんな環境にいる人ほど

夕方頃には脳のエネルギーが枯渇します

こうなると、人は感情的になったり、
まともな判断を下せなくなったりします。

(情報過多の現代では、
 こんな状態に陥る人は
 少なくありません)

このような脳のクセや
仕組みを上手く使いこなせないと、
仕事の効率は著しく低下します。

カギは、潜在意識が
エネルギーを消耗しないよう
脳を「賢く」使うこと。

あなたの「潜在意識」を使いこなすための
”意識的な”工夫が必要です。

潜在意識の力は、
私たちが思っている以上に絶大です。

だからこそ、「意思」の力だけに頼るのは

あまりにも”非建設的”なことなんです。

成功者は「潜在意識」を使いこなす
怠け者は「意思」でどうにかしようとする

成功者が習慣…たとえば、
睡眠、運動、食事、瞑想…などの
あらゆる習慣にこだわるのは、

習慣が脳にどれほどの影響を与えるのか
知っているからです。

幸せな成功者は、潜在意識を使って
「賢く」成功しています。

潜在意識を制する者が、人生を制するのです

脳は怠慢です
脳は大衆に流されやすいです
脳は楽な方が好きです
脳はネガティブな記憶を残しやすいです
脳は成功から逃げようとします

あなたの脳が成功しようとしないのは、
自然なことです。

だからこそ、
脳のクセを利用して、賢く
自分をコントロールする必要があります

潜在意識を

「怠け者」にするのか
「成功者」にするのか

ずっと、怠け者の潜在意識に
操られて一生を終えるのか

今、成功者の習慣を
潜在意識にインストールして
強い味方にするのか 

選ぶのはあなたですよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です