目は口ほどにものをいうという意味をスピリチュアルに解説してみると

目は口ほどにものをいうという意味をスピリチュアルに解説してみます

「目は口ほどに物を言う」ということわざの意味は

目の豊かな表情は、言葉で説明するのと同じくらいに相手に気持ちを伝えることができるということです。
また、言葉ではうまくごまかしていても、目の表情には本心が表れるのだから、ごまかすことはできない、という意味もあります。

人間が何かを感じ、喜怒哀楽の感情を持つと、目に表れます。

そのため、口で何かを言わなくても、目を見れば気持ちはわかってしまう、ということですね

っということは、スピリチュアル的に言うと、目はエネルギーの出るところ

っとなります
そして、口ほどものを言い続けて、目はエネルギーの放出により非常に疲れています

たとえば、お腹や頭が痛いときに、そこを手で抑えたりしますよね?

もしくは、マッサージを受けるときも、マッサージチェアでやるより、直接手で触れてやってもらった方が気持ちいいです

目も同じく

両手を火を起こすときのように、上下にこすって
気を出します。そして
目をつぶったあと、右手で右目を、左手で左目を当てて、自己ヒーリングしてください。
すごく気持ちが良くなり、目がやすまって復活します。

これらは、手のひらから癒しのエネルギーの注入です

つまり、あなたは無意識のうちに、自己ヒーリングすることができます

日本語では「手当て療法」と呼ばれるもので、あなたの手だけで実践できる、とても簡単な方法です。
 
人の手からは、癒しのエネルギーが出ています。
そのため、手のひらで相手に触れるだけで、そのエネルギーを送り込み、相手を癒すことができるのです。
お疲れの誰かの為に是非やってみてあげてくださいね
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です