台風のお盆の満月の過ごし方

2019年8月15日は満月です

お盆で、大型の台風が接近中でもあり

気圧の変化による体調不良にプラス、満月の影響が体に出る人が多くなるのが心配です。

満月は、ホルモンバランスが乱れやすく、精神的な緊張感が増したりします。
そうなると、衝動的な感情やイライラ感が高まってしまうんです!
満月の晩に狼男は変身する。
なんてお話し、あながち空想だけの世界ではないんですよー


満月近辺の彼とのデートはちょっと注意しましょう。


イライラする感情がいつもより多くなってしまったら
「これは満月のせいね!」って自分にちょっと言い聞かせて、くれぐれも相手にあたり過ぎないように!


ちなみに、別れ話をすることは、満月には避けましょう。


満月は、前述したとおり影響デーです。
突発的な暴行や、殺人、自殺、事故などが増すといわれていますから、注意が必要です。


自律神経が乱れると、血流が滞り、体は冷え、呼吸が浅くなります。
だからこそ、「体を温めて」「血行良くなることをする」「深呼吸をたくさんする」を心がけると、感情の乱れにつながる影響を、受けにくくできます。
ぜひやってみてくださいね。


満月は、いつもより、とっても吸収力高まる時ですから、悪いものを摂るといつもよりそれは悪影響を及ぼします。


良いものを摂るといつもよりそれは良い影響が浸透します。



この満月にはぜひ、満月水を作って飲んだり、いつも使っている化粧水などをお月様の光に当てて、満月化粧水にして、美しさの細胞をつくってみましょう!

満月は丸く明るく輝いていますから、いかにも満たされているような印象を受けます。


その通り、満月の時は「やりきった」という意味で満たされている状態です。
何をやりきったのでしょうか?
それは「新月で決めたことを」です。


満月は新月に願った事の、結果を見せてくれる、重要なタイミングなのです
新月には夢や願望を「お願い」します。
そして満月は「結果」ですから、新月で願ったことの結果が出るのが満月になります。


ですから、満月の結果をしっかり把握しないと、新月でお願いをするばかりで結果を受け取らないということになります。
新月のお願いを習慣にしている方が、夢の実現を失敗してしまう大きな理由の一つが、この満月を無視してしまっている結果なのです。

では、この満月では何をすればいいのか?
それは「反省」です。

新月で願った結果が満月のタイミングで「実現した・していない」に関わらず、満月のタイミングでその結果をしっかり受け止め反省をします。
反省は自分の行動やあり方を振り返って改めて考えることを言います。
満月にするといいのは、「振り返り」です。


新月で願ったあなたの願いの実現力が飛躍的に高まりますし、あなた自身もその願いにふさわしい人物へと成長しやすくなるのです。
次にもしまだ叶っていないお願い事がある場合、そのお願い事を実現するための改善案を考えます。


なぜその願いは叶わなかったのでしょうか?
お願いのハードルが高すぎた
やる気が継続しなかった
本当に叶えたいお願い事ではなかった
etc…
など様々な理由が考えられます。
その理由に対しての改善案を考えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です